中日・ビシエド 連続安打が20試合でストップ「気にしていない」 守備では好捕

[ 2021年6月12日 18:15 ]

交流戦   中日3ー7西武 ( 2021年6月12日    メットライフD )

<西・中(2)>5回1死、中日・ビシエドは三振に倒れる(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 中日・ビシエドは4打数無安打に終わり、5月18日のDeNA戦から続いていた連続安打試合の記録が20試合でストップした。

 7回1死一、二塁で遊ゴロ併殺に倒れるなど快音が響かず「(記録は)特にそこは気にしていない。とにかく、しっかりスイングすることが大事で、明日からまたチームが勝てるように頑張ります」とリスタートを誓った。

 バットでは無安打だったが、守備では8回2死から岸のファウルフライを最後は一塁観客席に飛び込みながら、スーパーキャッチ。堂上や藤嶋らに引き上げられると、照れくさそうな笑みを浮かべながらもスタンドを沸かせた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月12日のニュース