鈴木啓示氏 阪神・伊藤将の勝因は「絶妙のタイミング」 楽天・田中将を上回った巧みな投球術

[ 2021年6月12日 20:00 ]

交流戦   阪神9ー1楽天 ( 2021年6月12日    楽天生命パーク )

鈴木啓示氏
Photo By スポニチ

 7回1失点で4勝目を挙げた阪神・伊藤将は、相手打線からすれば目をむくような球速があるわけではなかったが、のらりくらり、いい「間」で投げられていた。それが好結果につながった要因だ。

 直球は大半が130キロ台後半だった。それでも打者を詰まらせ、差し込むことができていた。絶妙のタイミングで投げられているからだ。大学、社会人と経験を積む中で、球速への欲を捨て、球の切れ、コントロール、そしてタイミングで勝負する投手ということを自覚したのだろうか。自らの投球を熟知し、持ち味で勝負ができていた。この「タイミング」こそが、彼の生命線と言えるだろう。

 伊藤将のような投球は、やれと言われて簡単にできるものではない。人間、「打たれてはいけない」とか「抑えてやる」と思えば思うほど、自然と力が入ってしまうものだ。ところが伊藤将は終始、ゆったり始動し、一連の動作の中にワンクッションを置いて打者に投げ込むスタイルを崩さなかった。1、2、3ではなく、1、2「の」3で投げられていた。あの投球フォームに合わせると、打者は振り遅れてしまう。だから140キロに満たない球速でも、打者を詰まらせることができる。投球術という面で見れば、交わす投球が目に付いた田中将よりも、伊藤将の方が上だった。(スポーツニッポン評論家)

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年6月12日のニュース