野球殿堂入り田淵幸一氏が語る阪神・佐藤輝とミスターの「共通点」 天性のアーチストも魅せられた

[ 2021年4月11日 18:54 ]

セ・リーグ   阪神3ー2DeNA ( 2021年4月11日    横浜スタジアム )

田淵幸一氏
Photo By スポニチ

 阪神OBで野球殿堂入りしているホームラン・アーチスト田淵幸一氏が横浜のラジオ放送席から「空振りでお客さんを沸かせるのもスターの証明。長嶋さん以来じゃないかな」と阪神ファンだけでなく、DeNAファンも引きつける佐藤輝の魅力を強調した。

 9回の空振り三振で、リーグ最多の24三振を記録しているが「三振は多いけど、タイミングは崩されていない。しっかり振れている。1年目から、これだけ振れるのは、体を鍛えているからこそ。私でも場外には運べなかった」と夢を与える、ひと振りに期待して、改めてゲキを飛ばした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月11日のニュース