中日 3試合ぶり白星 木下拓の本拠地1号 投手陣も小笠原―又吉―祖父江で逃げ切り

[ 2021年4月11日 17:03 ]

セ・リーグ   中日2-1ヤクルト ( 2021年4月11日    バンテリンドーム )

<中・ヤ(2)>6回2死、木下拓は左越えソロホームランを放ち、小笠原(右)とグータッチ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日が接戦を制し、3試合ぶりに勝利を手にした。

 3回に福田の適時打で先制すると、6回には木下拓がチーム13試合ぶりの一発となるソロアーチで加点。この本塁打がバンテリンドームに名称が変わった本拠地第1号となった。

 先発・小笠原も7回1失点と試合をつくり、8回は又吉、9回は祖父江がリードを死守した。 

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年4月11日のニュース