DeNA・神里バント失敗&ドラ2牧も連続試合出塁止まり…零敗 11日助っ人ソト&オースティンが合流

[ 2021年4月11日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA0-4阪神 ( 2021年4月10日    横浜 )

<D・神>7回無死一、二塁、神里は犠打を狙うも、二走・佐野が封殺され失敗(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 DeNAは0―1の7回無死一、二塁で神里の送りバントは三塁封殺。流れを逸して無得点に終わった。キャンプから徹底してきた小技を生かせず、三浦監督は「難しい場面だが決めてほしかった」と指摘した。4点差の9回は先頭のドラフト2位の牧が空振り三振を喫し、開幕戦からの連続試合出塁が13でストップ。チームも零敗で連敗を喫した。

 朗報は入国後の隔離期間を終えたソト、オースティンの両助っ人が11日に1軍に合流すること。指揮官は「状態を見て決める」と出場選手登録後、即スタメン起用する可能性も示唆した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年4月11日のニュース