もうかった!? 阪神・大山の内野ゴロが失策誘い先制 打点を挙げれば昨年から16戦無敗

[ 2021年4月11日 14:19 ]

セ・リーグ   阪神―DeNA ( 2021年4月11日    横浜 )

<D・神(3)>初回1死二、三塁、大山は遊ゴロに倒れるも、遊撃手・大和の悪送球で出塁し、二塁に向かう(左は一塁手・牧)(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 2連勝中の阪神が初回から幸先よく先制した。

 近本、糸原の連打と重盗で1死二、三塁の好機。ここで打席に立った4番・大山が放った打球は遊ゴロも、遊撃・大和が一塁へ悪送球。近本だけでなく二走の糸原も生還した。(大山の打点は1)

 大山が打点を挙げればチームは昨年10月16日のヤクルト戦から15連勝で16戦無敗。「不敗神話」を持つ男が初回からいきなり打点を挙げる最高の滑り出しとなった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月11日のニュース