熊野が日高中津にコールド勝ち 主将の関矢が勝負決める2ラン 吉田茂監督「出会った選手でピカイチ」

[ 2021年4月11日 18:07 ]

春季高校野球 和歌山県予選2回戦   熊野8ー1日高中津 ( 2021年4月11日    紀三井寺球場 )

<熊野・日高中津>5回1死二塁、左越え2ランで生還し、吠える熊野・関矢舜(中央)
Photo By スポニチ

 熊野が8回コールド勝ちで3回戦進出を決めた。初回に1点を先制されたものの、2回に追いつき、4回に2点を勝ち越し。5回には「3番・遊撃」で主将の関矢舜(せきや・しゅん)が左越えに高校通算11号2ランを放つなど、打線がつながり突き放した。

 「昨年の秋に練習試合で1点差で負けていたので、覇気を出していこうと言っていました」

 その言葉通り直球を強く振り抜き、生還後は大声でナインと喜びを分かち合った。セールスポイントは守備でも、「3番を打っているので、勝負強いところも見てほしい」と本音ものぞかせる。4打数2安打2打点の結果にも「まだ1打席目、2打席目に凡退しているので、全然ダメです」と目指すレベルは高い。

 最近のプロ野球選手ではなく、宮本慎也氏(元ヤクルト)の遊撃守備を手本とする。4兄弟の末っ子で、兄2人も同校OB。第45、48~51代内閣総理大臣と同姓同名の吉田茂監督からも「今まで出会った選手の中でもピカイチ。野球勘が非常に長けている」とお墨付きを得ている背番号6。開花の春にする。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年4月11日のニュース