広島・菊池涼 一塁ヘッスラで内野安打、開幕15試合連続安打に伸ばす 岡本和が素手捕球もセーフ

[ 2021年4月11日 15:19 ]

セ・リーグ   広島―巨人 ( 2021年4月11日    マツダ )

<広・巨>5回2死一塁、菊池涼が三塁内野安打を放ち、一塁へヘッドスライディング(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 広島の菊池涼介内野手(31)が巨人戦(マツダ)の5回に内野安打を放ち、開幕からの連続試合安打を15に伸ばした。

 7日のヤクルト戦(神宮)から5試合連続で「1番・二塁」に入って先発出場。0―7で迎えた5回、巨人先発左腕・今村がカウント2ボール2ストライクから投じた5球目スライダーを三塁方向に弾き返し、一塁ベースにヘッドスライディング。素手で捕球した岡本和のランニングスローも及ばず、内野安打となった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月11日のニュース