頼りになる2年目右腕 阪神・ガンケルが7回途中1失点 開幕3連勝の権利持って降板

[ 2021年4月11日 16:16 ]

セ・リーグ   阪神―DeNA ( 2021年4月11日    横浜 )

<D・神(3)> 阪神先発・ガンケル(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神先発のガンケルは6回1/3を3安打1失点。今季3勝目の権利を持って降板した。

 序盤3イニングを無安打投球と、持ち味のコーナーの両サイドを付く投球が冴え渡った。4回に牧に一発こそ浴びたものの、テンポのいい投球で危なげなくアウトを積み重ねた。

 6回を3者凡退に抑え、7回先頭の宮崎を三ゴロに打ち取ったところで首脳陣は岩貞への継投を決断。3戦連続のQS達成で、自身開幕3連勝の権利を持って降板した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年4月11日のニュース