早大・小宮山監督「サインを理解してない選手がいる」 東大とドローに厳しい表情

[ 2021年4月11日 17:13 ]

東京六大学野球春季リーグ戦第1週最終日 2回戦   早大0―0東大 ( 2021年4月11日    神宮 )

<東大・早大>9回の攻撃前選手交代を告げる早大・小宮山監督。後ろは円陣を組むナイン(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 再三チャンスを築きながら決定打が奪えず、東大と引き分けた早大。試合後、小宮山悟監督は「指導力不足です」と話し始めた。

 サインの徹底ができなかったようで「打者、走者でサインを理解してない選手がいる。オープン戦から同じサインでやっているのにね」と首をかしげた。

 ただ、8回を2安打に抑えた西垣に関しては「良く投げましたよ。勝たせてあげたかったけどね」と復調した右腕の力投を褒めた。左のサイドスロー小宗相手に決定打がでなかったことには「ああいう投手は練習できない。幸い一週間空くので次に向けて特訓します」と痛い引分けに厳しい口調で締めくくった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年4月11日のニュース