今秋ドラ候補の慶大・正木、山下撃ち今季1号

[ 2021年4月11日 12:34 ]

東京六大学野球・第1週第2日   法大―慶大 ( 2021年4月11日    神宮 )

<慶大・法大>4回無死、ソロ本塁打を放つ慶大・正木(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 今秋ドラフト候補に挙がる慶大の4番・正木智也内野手(4年)が今季1号本塁打を放った。1―0の4回、先頭で打席に入ると、3ボール1ストライクからの5球目をとらえ、左翼席へ。同じくドラフト候補に挙がる法大の大型左腕の山下輝投手(4年)からリーグ通算7号を放った。

 チームは前日の法大戦で無安打1得点に抑えられ、ノーヒットワンランで敗れた。「目標は3冠王」と話す主砲が、嫌な流れを払拭(ふっしょく)する一撃を放った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年4月11日のニュース