東海大・斎藤礼、直球グイグイ1失点完投 井尻監督に初陣勝利プレゼント

[ 2021年4月11日 05:30 ]

首都大学野球春季リーグ   東海大2ー1日体大 ( 2021年4月10日    大田 )

<東海大・日体大>春季リーグの初戦を飾り、喜ぶ東海大ナインと井尻監督(右)(撮影・柳内 遼平)
Photo By スポニチ

 最速150キロを誇る東海大の斎藤礼が1失点で完投勝利を挙げた。3年生右腕は最速で148キロを計測した直球を軸に日体大を4安打に封じ「真っすぐで押すことができた」と笑顔で振り返った。

 昨秋、部員による大麻使用が明らかになり、安藤強前監督が辞任。今年2月に就任した同校OBの井尻陽久監督は初陣を飾り「斎藤がよく投げた。皆でよく頑張ってくれた」と選手をねぎらった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年4月11日のニュース