エンゼルス・大谷 「2番・DH」スタメンも雷雨で開始遅れ、結局中止

[ 2021年4月12日 04:28 ]

ア・リーグ   エンゼルス―ブルージェイズ ( 2021年4月11日    ダンイーデン )

エンゼルス・大谷
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷は11日(日本時間12日)、フロリダ州ダンイーデンでのブルージェイズ戦に「2番・DH」でスターティング・ラインナップに名を連ねた。ただ、雷雨のため試合開始(午後1時7分、日本時間午前2時7分)は遅れ、天候の回復を待ったが中止、順延となった。

 また、球団は12日(同13日)から始まる敵地でのロイヤルズ3連戦の先発投手を発表。バンディ、キャニング、ヒーニーと続き大谷の名はなかった。ジョー・マドン監督は試合前のオンライン会見で大谷について「マメの状態は良くなっている。彼は投げたがっている。大丈夫だ」と話した上で「いつブルペンで投げるか詳しいスケジュールはわからないが、全力で投げ、その後、状態を見てから判断することになる」と説明。現状で登板日は未定であるとした。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月11日のニュース