打撃不振の中日・京田 11日ヤクルト戦はスタメン落ち 遊撃では1821日ぶり先発の三ツ俣

[ 2021年4月11日 13:31 ]

セ・リーグ   中日―ヤクルト ( 2021年4月11日    バンテリンドーム )

中日・京田
Photo By スポニチ

 打撃不振が続く中日・京田が11日のヤクルト戦でスタメンを外れた。三ツ俣が16年4月16日の阪神戦以来、1821日ぶりに遊撃で先発出場する。

 京田は開幕から全13試合に遊撃で先発出場も打率・216、1打点。前日は3打席連続三振を喫し、8回2死一塁の好機では代打を送られ、途中交代していた。

 京田がスタメン落ちするのは19年8月24日の広島戦以来。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月11日のニュース