法大期待の左腕・山下輝は3失点黒星

[ 2021年4月11日 14:15 ]

東京六大学野球春季リーグ戦第1週第2日 2回戦   慶大7―1法大 ( 2021年4月11日    神宮 )

<慶大・法大>力投する法大先発の山下輝(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 法大のドラフト候補左腕、山下輝(4年=木更津総合)がリーグ戦初先発。慶大のドラフト候補・正木智也に手痛い一発を喫し、負け投手となった。

 「立ち上がりは良くて力で押していけるかと思った」と2回まで打者6人を完ぺきに抑えたが3回に失点。4回、正木を迎えたところで「先頭だし歩かせたくなかった」とカウント3―1から高めに浮いたストレートを左翼席に運ばれた。4回を投げて3失点。「もう少し内、外角に投げ分けられるように調整したい」と次週の立大戦に気持ちを切り替えていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年4月11日のニュース