阪神ドラ6中野 うれしいプロ初適時打! 前日に初打点初盗塁の活躍 佐藤輝との新人コンビで加点

[ 2021年4月11日 15:13 ]

セ・リーグ   阪神―DeNA ( 2021年4月11日    横浜 )

<D・神(3)> 4回1死三塁、左前適時打を放ちガッツポーズを決める中野(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神のドラフト6位・中野拓夢内野手(24)がプロ初適時打を放った。

 2―0の4回にドラフト1位・佐藤輝が中堅への二塁打で出塁。梅野の犠打で1死三塁となり、中野が打席へ。阪口が投じた3球目の直球を逆らわずに左翼前へ落とし、「梅野さんがいい形でつないでくれたので、絶対にランナーを還すという強い気持ちを持って打席に立ちました。ヒットで還すことができてよかったです」と話した。

 前日にプロ初スタメンで初打点と初盗塁を記録したばかり。1打席目も右前打を放つなどプロ2度目の先発でシェアな打撃をアピールした。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年4月11日のニュース