巨人9点圧勝 原監督「先制、中押し、ダメ押しという形で、ピッチャーも見事。全員で行くというところ」

[ 2021年4月11日 17:15 ]

セ・リーグ   巨人9―0広島 ( 2021年4月11日    マツダ )

<広・巨>7安打完封で2勝目を挙げた今村(右)を迎える原監督(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 巨人が今季最多の12安打を放って9―0で広島に圧勝し、連敗を2でストップ。2シーズンぶりの借金生活突入から一夜で勝率5割復帰を果たした。

 原監督は「今日はもう先制、中押し、ダメ押しという形で、ピッチャーも見事ですね」と総括。今季初めて先発で起用した増田大は待望のプロ1号となる2ランを放つなど活躍し、「(起用は)全員で行くというところ。非常に彼らしさ、思い切りの良さも出て。守備力も、最初の初回の守備も非常に良かった」と評した。

 先発の今村は3年ぶり2度目となる完封で、無傷の今季2勝目。指揮官は「力が抜けていたというか、出し所がしっかりしていた。全てのボールが良かった。攻めることができているでしょう。フォアボールも少ないしね、自分の間合いで投げられている」と称賛した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月11日のニュース