清宮弾に中田V打! 日本ハムが3連敗でストップ

[ 2020年10月1日 22:22 ]

パ・リーグ   日本ハム3-2ロッテ ( 2020年10月1日    札幌D )

<日・ロ>5回2死二塁、勝ち越しの適時打を放つ中田(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 打つべき人が打って連敗を3で止めた。

 まずは清宮。1点を先制された直後の4回に右越え6号ソロで同点。「先制されて試合が動いた状況だったので、絶対に点を取るという気持ちでした」と話した。

 さらに5回には中田だ。2死二塁から岩下の外角低めのスライダーに食らいついて左前へ運んだ。この一打でリーグトップの打点は90となった。

 7回には宇佐見に左越え3号ソロも飛び出し、6投手の継投でロッテ打線を1点に封じた。先発の杉浦は6回5安打1失点で6勝目。9三振を奪う力投にヒーローインタビューで「まっすぐで押せている感じがあった。(捕手の)宇佐見がいいリードをしてくれた」と笑顔で話した。ロッテ戦はプロ7年目、通算3試合目で初勝利となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月1日のニュース