楽天・松井 再びリリーフに配置転換 三木監督「本人と話をして」

[ 2020年10月1日 05:30 ]

楽天・松井
Photo By スポニチ

 今季から先発に転向していた楽天・松井が、残りシーズンは再びリリーフに配置転換されることが決まった。

 昨季のセーブ王は、この日からブルペン待機。出番はなかったが、試合後に三木監督が「今までの経験値を生かして、ブルペンに入ってチームの力になってもらいたい。本人と話をしてこういう決断になった」と説明した。

 今季はここまで10試合で3勝3敗、防御率3・66。逆転優勝に向け、通算139セーブを挙げている松井をリリーフに戻すことで、救援陣の安定を図る狙いがある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月1日のニュース