オリックス ドラ3村西が右肘手術

[ 2020年10月1日 15:56 ]

オリックス・村西
Photo By スポニチ

 オリックスは1日、ドラフト3位・村西良太投手(23、近大)が、横浜市内の病院で「鏡視下右肘頭骨棘切除術、骨接合術」を受けたと発表した。近日中に退院し、その後は患部の状態を見てリハビリを行う予定。

 村西は兵庫・津名から近大を経て入団。クオーター気味の投球フォームから150キロ超の直球を投げ込む変則右腕で、1年目の今季は、開幕ローテーション入りし、4試合で0勝1敗、防御率9・00だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月1日のニュース