マエケン「充実した1年」 ツインズは連敗で敗退

[ 2020年10月1日 10:12 ]

アストロズ戦に先発したツインズの前田(AP)
Photo By AP

 米大リーグで前田健太投手が所属するツインズは9月30日、ワイルドカードシリーズ第2戦で1―3と競り負け、2連敗で敗退した。オンライン会見に応じた前田は「こうやって最初に負けてしまったというのは悔しい」と話す一方で、地区優勝に貢献した新天地でのシーズンを「1年間通して先発を任せてもらって、充実した1年だった」とも語った。

 前日は先発した前田が5回を無失点と好投しながらチームは逆転負け。この日の黒星で、既に北米の四大スポーツで最多となっているポストシーズンの連敗は18に伸びた。

 前田は気持ちを切り替え「今年のままでは、来年同じ結果を残せない。もっともっといろんなことにチャレンジしながら成長できる1年にしたい」と決意を口にした。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月1日のニュース