新規獲得、契約譲渡期間が終了 楽天移籍の田中貴「1軍でレギュラー」宣言

[ 2020年10月1日 05:00 ]

入団会見で笑顔を見せる田中貴(楽天野球団提供)
Photo By 提供写真

 プロ野球は30日、新規獲得および契約譲渡期間が終了した。10月以降はウエーバーによる譲渡を除き、移籍はできない。この日は阪神が、ともに育成契約だった横山雄哉投手(26)、石井将希投手(25)と支配下選手契約を結んだ。楽天は前日に金銭トレードで巨人から獲得した田中貴也捕手(28)の入団会見を開いた。

 田中貴はオンラインで行われた入団会見で「1軍でレギュラーを獲りたい」と抱負を語った。チームでは太田や足立が離脱しており、捕手が手薄な状況にある。石井一久GMは捕手を指名しない方針のドラフト戦略も踏まえて獲得を決めたといい「スローイング能力では素早く、安定して投げられている」と期待を寄せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月1日のニュース