ロッテ・岩下は6回2失点で降板 自己最多6勝目はお預け

[ 2020年10月1日 20:47 ]

パ・リーグ   日本ハムーロッテ ( 2020年10月1日    札幌D )

<日・ロ>ロッテの先発投手・岩下(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 ロッテ・岩下は6回を投げ6安打2失点に抑えたが、自己最多の6勝目はならなかった。4回表に1点を先制してもらったが、その裏に清宮に右翼席に運ばれ同点。5回には2死二塁から中田にスライダーを左前打され、勝ち越しを許した。

 ロッテは9月終了時点で首位のソフトバンクにゲーム差なしの勝率は1厘差。優勝争いの中で、先発として最低限の役目は果たしたが、昨季マークした5勝を上回る6勝目は、次回登板以降に持ち越しとなった。

 ▼ロッテ・岩下 (6回6安打2失点)立ち上がりの内容から何とか持ち直して6回まで投げれたことは良かったと思います。失点した場面では勇気を持ってフォアボールでもいいと思って投げていれば、結果も違ったかもしれないので悔しいです。あとはベンチで応援します。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月1日のニュース