【1日プロ野球見どころ】2戦連続完封負けの西武、“球団初の屈辱”回避なるか

[ 2020年10月1日 16:16 ]

西武・辻監督
Photo By スポニチ

 西武は9月29日オリックス戦(●0―3)、同30日オリックス戦(●0―5)と2試合連続完封負け。きょうのオリックス戦で3試合連続になると球団史上4度目のワーストタイ記録になってしまう。過去3度は全て2球団が相手。同一カード3連戦でオール完封負けなら球団初の屈辱になるがどうか。

 DeNAの梶谷は今季1試合3安打以上の猛打賞がリーグ最多の12度。次いで同じDeNAの佐野が11度で続く。今季セで猛打賞が2桁はこの2人だけ。チームでシーズン猛打賞上位2人を占めると、横浜時代の00年にローズ、金城龍彦がともに17度で1位となって以来20年ぶりだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月1日のニュース