広島 スカウト会議で大学・社会人候補61人に絞り込み 1位候補は投手12人、野手3人

[ 2020年10月1日 05:30 ]

早大・早川
Photo By スポニチ

 広島は30日、広島市南区の球団事務所でスカウト会議を開き、大学・社会人の候補選手を117人から61人に絞り込み、1位候補には投手12人、野手3人を残した。

 松田元オーナーを交えて映像を確認。中でも早大・早川、近大・佐藤の評価が高く、白武佳久スカウト部長は「早川は即戦力として一番。球速、駆け引き、球種の全てを持っている。佐藤も間違いなくレベルが高い」と語った。他に慶大・木沢、苫小牧駒大・伊藤、明大・入江、日体大・森ら投手4人の名前が挙がった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月1日のニュース