阪神・梅野「7番・捕手」でスタメン復帰

[ 2020年10月1日 17:20 ]

セ・リーグ   阪神―中日 ( 2020年10月1日    甲子園 )

 阪神は梅野が「7番・捕手」でスタメン復帰。右腹斜筋の筋挫傷から前日30日の中日戦で1軍に昇格しており、9月17日の巨人戦以来、久々の先発マスクを被る。先発の岩田は前回21日のDeNA戦で5回3失点で勝敗は付かなかった。翌22日には出場選手登録を抹消されていたが、「特例2020」の適用によって10日を経ずに登板が可能となった。

 【阪神】
 1(中)近本
 2(二)北條
 3(右)糸井
 4(左)サンズ
 5(三)大山
 6(一)ボーア
 7(捕)梅野
 8(遊)小幡
 9(投)岩田

 【中日】
 1(中)大島
 2(遊)京田
 3(左)アルモンテ
 4(右)シエラ
 5(三)高橋
 6(二)阿部
 7(一)堂上
 8(捕)木下拓
 9(投)ロドリゲス

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月1日のニュース