阪神 2失策から一夜…小幡らが試合前に特守

[ 2020年10月1日 13:42 ]

<神・中(18)>前日の試合で痛恨の失策を犯した小幡は早出で特守を行う(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神の小幡、熊谷の両選手が、練習前に特守に臨んだ。前日30日の中日戦では初回に遊撃に入った小幡が正面のゴロをトンネルする痛恨の失策。失点につながっていた。

 グラウンドでは遊撃の位置に入った熊谷に清水ヘッドコーチがノックを打ち、後ろでは久慈内野守備走塁コーチが指導。一方、一塁ベンチ前では小幡が藤井バッテリーコーチの打つゴロを捕球し、藤本内野守備走塁コーチが見守った。その後は、小幡も遊撃に入ってボールを追った。チームはリーグ最多の失策数62。課題の守備力向上へコーチ陣も付きっきりで指導に当たった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月1日のニュース