阪神 藤浪が160キロ5度マークで聖地沸かせる 3年ぶり自己最速タイ

[ 2020年10月1日 20:32 ]

セ・リーグ   阪神―中日 ( 2020年10月1日    甲子園 )

<神・中>阪神3番手の藤浪(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神・藤浪晋太郎投手(26)が自身2度目の160キロをマークした。2点リードの8回に登板すると1死から迎えた木下を空振りさせた2球目は160キロを計測。場内は大きなどよめきに包まれた。続く3球目の160キロで、二頃に打ち取った。自身最速タイ、17年9月14日の広島戦以来となる大台到達となった。

 勢いは止まらず、2死から代打・井領に対しても160キロを2球連続を含む3球計測。合計5球の“160キロショー”で3者凡退に封じ役割を果たした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月1日のニュース