関東第一・谷が好救援、最速タイ146キロで5回1失点「これが甲子園かと楽しめた」

[ 2019年8月11日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 第5日1回戦   関東第一10―6日本文理 ( 2019年8月10日    甲子園 )

<関東第一・日本文理> 5回1失点と好救援で勝利を呼び込んだ谷(撮影・後藤 大輝)   
Photo By スポニチ

 関東第一(東東京)の背番号10の谷が好救援した。5回から登板し、5イニングを1安打1失点。10―6の9回には3四死球で1死満塁とされた。一発同点を期待するような球場の雰囲気を感じながら後続を断ち「これが甲子園かと楽しめた」と胸を張った。 試合結果

 自己最速タイの146キロも計測した右腕。先発した背番号1の土屋が4回5失点と苦しむ中で、ダブルエースとして存在感を発揮し、「“土屋の分も”という気持ちはあった」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月11日のニュース