日本文理のエース南、快音3打点も悔しい4回6失点「取り返してやろうと思ったが…」

[ 2019年8月11日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 第5日1回戦   日本文理6―10関東第一 ( 2019年8月10日    甲子園 )

<関東第一・日本文理>4回6失点で降板した日本文理・南(撮影・後藤 大輝)   
Photo By スポニチ

 日本文理(新潟)のエース南は初回と3回に適時打を放つなど3打点で中軸の活躍を見せたものの、投球では4回を10安打6失点。「高めに浮いてしまった。甘い球を見逃してくれないのが甲子園」と肩を落とした。 試合結果

 右翼の守備に回り、9回の好機で打席が訪れたが、空振り三振に倒れた。「自分が取られた分、取り返してやろうと思ったが、悔しい」と無念さをにじませた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月11日のニュース