巨人・桜井「攻めて」6勝 勝利の方程式が“休養”先発の役目キッチリ6回2失点

[ 2019年8月11日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人8-4ヤクルト ( 2019年8月10日    東京D )

お立ち台でジャビットに囲まれ、笑顔を見せる桜井(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人先発の桜井は6回6安打2失点で6勝目を挙げた。走者を出しながらも粘った。「勝つことだけ考えてマウンドに上がりました。攻めて打たれたらしょうがない」と強気の投球でヤクルト打線を封じた。

 3回に広岡に2ランを許した後、青木に中前打を打たれ、無死一塁。山田哲を右飛、バレンティンを遊ゴロ併殺に仕留め、リズムに乗った。勝利の方程式の2人、中川、デラロサがそれぞれ3連投、2連投の疲労を考慮されベンチから外れた。「今日は桜井に懸けていた」と宮本投手総合コーチ。首脳陣の期待に応え、先発の役割を果たした。

 目標の10勝まであと4勝とした桜井は「1勝ずつ積み重ねた結果、2桁いけばいい。先を見ずにやっていきたい」。次戦は中5日で16日阪神戦に向かう。(岡村 幸治)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月11日のニュース