熊本工2年生右腕・村上、気迫の救援7回零封 延長12回ピンチで“山梨のデスパ”野村ピシャリ

[ 2019年8月11日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 第5日1回戦   熊本工3―2山梨学院 ( 2019年8月10日    甲子園 )

<熊本工・山梨学院>同点の6回から7回を無失点に抑えた熊本工・村上(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 熊本工の背番号11の2年生右腕・村上の力投がサヨナラ勝ちを呼び込んだ。同点の6回から登板して7回無失点。「打たれたら負ける。負けられない」と気迫の投球でしのいだ。延長12回2死二塁のピンチで迎えた強打者の野村には「抑えたら流れがくる」と内角攻めで三ゴロに打ち取った。その裏に出た山口のサヨナラ弾を見た瞬間は「抑えてきて良かった」と胸をなで下ろした。ただ、勝っても満足していない。「内容は悪かった。もっとしっかりしないと」と笑顔は少なかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月11日のニュース