巨人・ゲレーロ2打席連発で4打点 「状態イイネ!」チーム流行語で喜び

[ 2019年8月11日 15:29 ]

セ・リーグ   巨人―ヤクルト ( 2019年8月11日    東京D )

<巨・ヤ>3回2死一、二塁、ゲレーロが左越えに3ランを放ちベンチに向かってバットをポイっと投げる(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 前日の6番から5番に打順を上げた巨人のアレックス・ゲレーロ外野手(32)が、2打席連続本塁打を放った。ここ3試合で計4発の大暴れと「状態」がいい。

 まずは2回。ヤクルト・高橋から右越えの先制13号ソロ。直球を逆方向に運び、「低い球だったが、逆方向に逆らわずに打つことができた」とコメントし、日本語で「状態イイネ!状態イイネ!」と連呼した。

 この「状態イイネ!」。チーム内で流行している掛け声で、坂本勇らが外国人選手に「状態イイネ!」と呼びかけていたことで流行り、ベンチ内で飛び交っている。この日から球団公式通販サイト「ジャイアンツオンライン」で「状態イイネ」グッズ(Tシャツ、フェイスタオル、iPhoneラバーエッジの計3商品)も発売が開始した。

 ゲレーロは1―0の3回、岡本の中前適時打で1点を追加してなお一、二塁から、今度は左中間席に14号3ラン。3連勝中と好調のチームは3回までに計5点を奪って、先発のドラフト1位・高橋を大量援護した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月11日のニュース