ヤクルト・山田哲「少し詰まりましたが…」4試合ぶり28号!2年連続30発へあと2

[ 2019年8月11日 16:13 ]

セ・リーグ   巨人―ヤクルト ( 2019年8月11日    東京D )

<巨・ヤ>6回無死、左越えソロ本塁打を放つ山田哲(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの山田哲人内野手(27)が28号本塁打を放った。11日の巨人戦(東京ドーム)に「3番・二塁」で先発。7点を追う6回に高橋の内角へのスライダーを左翼席に運んだ。

 8月7日の阪神戦(神宮)以来、4試合ぶりの一発。「インコースで少し詰まりましたが、良い角度で上がってくれました」と振り返った。2年連続4度目のシーズン30発にあと2本とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月11日のニュース