広島・フランスアまさかの被弾…「球は悪くないけど、打たれる日もある」

[ 2019年8月11日 05:30 ]

セ・リーグ   広島5-6阪神 ( 2019年8月10日    京セラD )

9回、大山にサヨナラ3ランを浴び、ベンチにひきあげるフランスア(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 広島にとっては痛すぎる1敗だ。2点優勢の9回に抑えのフランスアが安打と四球で無死一、二塁を招き、大山に逆転サヨナラ被弾。まさかの背信を「球は悪くないけど、打たれる日もある」と悔しげに振り返った。

 それまではプラン通りだった。3回に打線が逆転すると、状態の良くない先発・床田を2回2失点で早々と見切り、高卒2年目の遠藤を投入。6回途中まで1失点と好投し、プロ初勝利の権利を手中に収めていた。

 デーゲームで巨人が勝ち、追走へ必勝を期した執念の采配が最後に暗転。緒方監督は「失投しない投手はいない。また明日切り替えてやってくれればいい」と短く語った。首位から2・5ゲーム差への後退。ダメージは残っても、逆転4連覇には立ち止まっていられない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月11日のニュース