ソフトB、終盤3イニングで8点 2位日本ハムを足攻“かくRUN”広げた4.5差

[ 2019年8月11日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク8-4日本ハム ( 2019年8月10日    ヤフオクD )

7回1死二、三塁、甲斐の犠飛で相手がエラーし、生還する二走・福田(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクが終盤の3イニングで7安打8得点を奪った。その全てが中堅から逆方向に飛んだ。加えて、抜け目ない走塁が大量点を生み、2位・日本ハムとの直接対決を制した。

 1点を追う7回。先頭・中村晃が内野安打で出塁。代走の周東が有原から4度、けん制をもらいながら二盗を決め「晃さんが一生懸命走って出てくれた。決められて良かった」。1死二、三塁となり、甲斐が中犠飛。「強引にならずに、センター方向と思っていた」とコンパクトに振り抜いた。中堅手・西川が落球する間に、二塁走者の福田も一気にホームを奪い逆転した。

 5回に4点を先行されたが、反撃も足攻からだった。6回に四球で出塁した福田が二盗を決め、そこから3得点。リーグトップ11勝の有原を揺さぶった。工藤監督は「ゲーム前から“行けるときは行こう”と話していた。みんなよく走ってくれた」と目を細めた。昨季はリーグ5位の80盗塁に終わり、指揮官は走塁改革を掲げた。今季盗塁数はリーグ3位の88。確実にナインの意識は変わり、大事な試合で結果に表れた。

 キューバ代表として国際試合に出場していたグラシアル、モイネロに加え、故障で離脱していた川島、福田、中村晃が1軍復帰。左膝裏の肉離れから復帰を目指す柳田も2軍で実戦に出始めている。戦力が整い始める中で今季2度目の先発全員安打。2位・日本ハムとのゲーム差を4・5に広げた。(川島 毅洋)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月11日のニュース