今季初先発ヤクルト・星、1回2/3 6失点KOに小川監督「全然ダメ。球威もない」

[ 2019年8月11日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト4-8巨人 ( 2019年8月10日    東京D )

ヤクルト先発・星(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 今季初先発のヤクルト・星は1回2/3を5安打6失点KO。初黒星を喫し、チームも3連敗となった。小川監督は「(星は)今日は全然ダメ。球威もないし、コントロールも悪かった」と苦言を呈した。

 初回1死から坂本勇に先制ソロを許すと「もっと厳しくいかないと、と思い苦しくなった」。打者15人に対し、6四球と自滅した。2回の守備から捕手を中村から西田に代えたが、流れは戻らなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月11日のニュース