日本ハム・清宮「申し訳ない」プロ初適時失策 西川も痛恨落球…エラー3つ響き逆転負け

[ 2019年8月11日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム4-8ソフトバンク ( 2019年8月10日    ヤフオクD )

7回1死二塁、明石の打球をタイムリエラーする一塁手・清宮(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 終盤にミス連発で痛恨の逆転負け。日本ハム・栗山監督は「大事な試合で勝ち切れなかった。全て受け止めてやっていく」と必死に前を向いた。

 今季4戦全敗の千賀から5回に渡辺の3ランなどで4得点。エースの有原も6回まで3失点と粘った。だが7回に暗転する。1死二、三塁から甲斐の中堅後方の飛球を西川が追いつき、一度はグラブに入れながら落球。犠飛で生還した三塁走者に続き逆転の二塁走者の生還も許した(記録は犠飛失策)。さらに1死二塁で明石の一塁へのゴロを清宮が捕球できず、プロ初の適時失策。3度の失策すべて失点に絡んだ。

 捕球後の握り替えで落球したようにも見えたが西川は「落とした方が悪い」と語り、清宮も「申し訳ないです」と反省。4連敗で8月1勝7敗も、まだ直接対決は7試合残る。切り替えるしかない。(山田 忠範)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月11日のニュース