日本ハム 令和最初の夏も「鎌スタ☆プロレスDAY」を開催!

[ 2019年7月24日 12:31 ]

鎌スタ☆プロレスDAY~令和“夏”の蝉しぐれ!
Photo By 提供写真

 日本ハムは24日、2軍本拠地・鎌ケ谷スタジアムで行なわれる30日のイースタン・リーグヤクルト戦(13時試合開始)、8月27日の同リーグロッテ戦(同)で、異種競技ダブルヘッダー「鎌スタ☆プロレスDAY~令和“夏”の蝉しぐれ!」を開催すると発表した。

 千葉市中央区のプロレス団体「2AW(ツー・エー・ダブリュー)」とのタイアップで、野球の試合終了後(16時頃)、球場正面広場の特設リングでプロレス開始のゴングが鳴る予定。鎌スタでの同異種競技交流は、2014年6月17日の初開催から6年目。

 当初から、観客の野次を煽る「悪徳マネージャー」に徹してきた謎の二刀流キャラクター「DJチャス。」は、「たとえ時代が令和に変わってもオレの悪役ぶりは変わらないぜ!」とトレードマークとなった竹刀を手に今回もやる気満々。「プロレスの観戦は無料なので、どなたでも気軽に楽しく観戦して頂ければ…。蝉の季節に負けず、鎌スタももっと熱いはずなので、当日はレスラーの皆さんにもぜひ声援を送ってあげて欲しい」と恒例イベントへの来場を呼び掛けている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年7月24日のニュース