【高知】“スーパー1年生”高知・森木 代打で初陣、次戦にも登板

[ 2019年7月24日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 高知大会2回戦   高知21―0安芸(5回コールド) ( 2019年7月23日    春野 )

<高知・安芸>5回、遊ゴロに倒れる森木
Photo By スポニチ

 中学時代に最速150キロを記録した「スーパー1年生」高知の森木は、初戦は登板機会がなかった。安芸相手に2本のランニング弾など21得点で5回コールド勝ち。

 背番号1を背負う右腕は、3回2死の場面で代打で登場し中飛。その後は左翼の守備に就き5回の第2打席も遊ゴロに終わった。次戦は先発が予想され「夏の雰囲気にのまれると駄目なことが分かったのは意味があった」と前向きに振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月24日のニュース