【群馬】利根商4強逃す 福田監督「複雑」、昨年まで指揮の古巣に大敗

[ 2019年7月24日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 群馬大会準々決勝   利根商0―10桐生第一 ( 2019年7月23日 )

<利根商・桐生第一>コールド負けで4強入りを逃した利根商・福田治男監督
Photo By スポニチ

 利根商(群馬)の名将・福田治男監督が4強入りを逃した。自身が99年夏の甲子園で初の全国制覇に導き、昨年まで指揮を執った桐生第一と対戦。「複雑です」と語った古巣との顔合わせはコールドで敗れた。それでも、今夏を通して「利根商の選手が集中してやれば力があると教わった」と手応えを口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月24日のニュース