ロッテ 阪神からトレード移籍した石崎が初昇格

[ 2019年7月24日 16:21 ]

 阪神からトレード移籍したロッテ・石崎剛投手(28)が24日、初めて出場選手登録された。

 「右のサイド気味の投手なので、東條のようなタイプだと思う」と井口監督は期待を口にした。

 石崎は移籍後、イースタン・リーグ3試合に登板し、防御率6・75だった。

 また、代わりに田中靖洋投手(32)が、出場選手登録を抹消された。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月24日のニュース