阪神・原口が1年ぶりにスタメンマスク 大腸がんから復帰後初 引き分け挟み3連勝狙う

[ 2019年7月24日 17:44 ]

<神・D>スタメン(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 阪神・原口が1年ぶりにスタメンマスクを被る。対DeNA戦の先発メンバーは以下の通り。

 (中)近本
 (二)糸原
 (右)糸井
 (三)大山
 (一)マルテ
 (捕)原口
 (左)陽川
 (遊)北條
 (投)青柳

 原口が捕手として先発出場するのは昨年7月27日のヤクルト戦で「8番・捕手」で出場して以来、約1年ぶり。大腸がんから復活した今年6月以降は当然、初めてだ。代打で勝負強さを見せてきた男が、扇の要としてチームを勝利に導くことができるか。
 また、前日に活躍した福留、鳥谷の両ベテランに代わって陽川が左翼に、遊撃には北條が入った。先発マウンドに上がるのはチームトップ5勝をあげている青柳。試合は18時プレーボール。
 
 DeNAのスタメンは以下の通り。
 (遊)大和
 (左)筒香
 (右)ソト
 (一)ロペス
 (三)宮崎
 (二)石川
 (捕)伊藤光
 (投)浜口
 (中)神里

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月24日のニュース