【大阪】15K全て空振り!履正社・岩崎 公式戦初先発で4安打完投

[ 2019年7月24日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 大阪大会4回戦   履正社2―1大阪電通大高 ( 2019年7月23日 )

<履正社・電通大高>15奪三振で完投勝ちした履正社・岩崎(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 大阪電通大高との4回戦で公式戦初先発した履正社(大阪)2年生右腕・岩崎が4安打1失点で完投勝利。15三振を全て空振りで奪う圧巻の投球だった。

 今春のセンバツではベンチ入りしたが、登板なし。その後の春季府大会ではメンバー落ちし「凄く悔しかった。みんなの見ていないところで人一倍、強化をしてきました」と胸を張った。岡田龍生監督も「集中力が彼の課題だったが、今日は100点満点」と成長を認めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月24日のニュース