【山梨】山梨学院V4 東海大甲府との激戦制す 山梨のデスパも感涙

[ 2019年7月24日 20:49 ]

第101回全国高校野球選手権山梨大会決勝   山梨学院5―4東海大甲府 ( 2019年7月24日    山日YBS )

<高校野球山梨大会決勝 山梨学院・東海大付属甲府>優勝を決め野村(右)と抱き合い喜ぶ山梨学院・相沢主将(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 山梨学院が東海大甲府に競り勝ち、4年連続9度目の甲子園出場を決めた。

 デスパイネこと高校通算53発を誇る野村健太外野手(3年)は6回1死一塁から右前打を放ち、逆転へつなげた。

 優勝の瞬間は涙を流して喜び「ずっと緊迫した状態が続いていたので、ホッとして涙が出てしまった」と照れ笑い。

 今大会はノーアーチに終わったが、打率は3割台。「センバツは悔しい思いをしたので、また甲子園でやり返したい。大振りせず、つなぐ意識でやりたい」と聖地を見据えた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月24日のニュース