日本ハム中田、主将の仕事 初回先制打が決勝打 アクシデント何の

[ 2019年7月24日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム5―2オリックス ( 2019年7月23日    ほっともっと神戸 )

初回2死一塁、中田は左線適時二塁打(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムは初回2死一塁から中田が放った先制の左線二塁打が、そのまま決勝点となった。「速い真っすぐに振り遅れないようにと思っていて、うまくはじき返すことができた」とフルカウントから田嶋の147キロ直球を捉えた。

 7回の守備では大城の打席で横尾の三塁からの悪送球が右すねを直撃するアクシデントもあったが、フル出場。頼れる主将ぶりを発揮した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月24日のニュース