巨人・大城が猛打賞 原監督のアドバイスで不振脱出へ

[ 2019年7月24日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人6―5ヤクルト ( 2019年7月23日    京セラD )

試合前、大城を指導する原監督(右)(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 巨人・大城が不振脱出の3安打を放った。7番で先発し、初回に二塁内野安打を放つと、3回と7回には二塁打で、今季3度目の猛打賞だ。

 打撃力を買われて5月下旬から主に5番を任されてきたが、後半戦は試合前まで16打数1安打。原監督から打撃指導を受け、特打も行った26歳は「アドバイスをもらって、それをしっかり打席の中でできた」と手応えを口にした。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月24日のニュース