ヤクルト、バレが3試合連発 夏場にアーチ量産の予感「スイング良くなってきた」

[ 2019年7月24日 21:39 ]

セ・リーグ   ヤクルト10―4巨人 ( 2019年7月24日    京セラD )

2回2死一塁、3試合連発となる2ランを放つバレンティン(撮影・村上 大輔) 
Photo By スポニチ

 ヤクルト・バレンティンが2回に3試合連続の19号2ラン。「すごく気持ちよかった」と会心の一発を振り返った。

 4―2と巨人に2点差に迫られた直後、リードを再び4点差に広げる貴重な2ラン。これで21日の阪神戦(甲子園)から3戦連発となったが「スイングも良くなってきた。これからもっと打てるように頑張る」とさらなるアーチ量産を予感させた。

 大阪で2発を放ち、24日は岐阜での一戦。「アシタモガンバリマス!」と日本語で力強く宣言した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月24日のニュース