【東京五輪まで1年】侍ジャパン五輪メンバー 「24」の制約下で光る“忍者”外崎 稲葉監督も高評価

[ 2019年7月24日 09:16 ]

東京五輪開幕まであと1年 侍ジャパンメンバー24人の選考ポイント

西武・外崎(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 西武・外崎は、内外野を守れるユーティリティープレーヤーとして、稲葉監督が初めて指揮を執った17年アジアプロ野球チャンピオンシップや18年日米野球にも選出された。東京五輪ではベンチ入り選手が24人のため、走力も含めて貴重な存在となる。稲葉監督は「どこでも守れるし、打撃では逆方向に本塁打も打てる。チームとして、いてくれるとありがたい選手。12球団を見渡しても探すのが難しい」と高い評価を口にしている。

 西武では二塁手に専念している外崎だが「ユーティリティーは僕の武器というかアピールできるポイント。そこを評価してもらえているのはうれしい。代表に選ばれたら、外野もやると思うので、心の準備や練習をしていきたい」と話した。(武本 万里絵)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月24日のニュース