ロッテ・レアード 初回に28号満塁弾 球団タイ記録のシーズン3本目

[ 2019年7月24日 19:15 ]

パ・リーグ   ロッテ―ソフトバンク ( 2019年7月24日    ヤフオクD )

<ソ・ロ>初回無死満塁、左越えに満塁本塁打を放ったレアード(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 ロッテ・レアードが初回無死満塁、28号グランドスラムを放った。松本のスライダーをつかまえると、打球は左翼ホームランテラス席ぎりぎりに飛び込んだ。

 「ヨッシャー!きのうは初回にやられたので、きょうはみんなで作ったチャンスを全員返すことができてよかった。ホームランテラス大好き!」

 今季は4月16日のソフトバンク戦(ZOZOマリン)で東浜から、5月8日の西武戦(前橋)で佐野から満塁本塁打を放っており、これで球団タイ記録のシーズン3本目。シーズン記録は1950年に中日・西沢道夫が記録した5本が残っている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月24日のニュース